• グランフォンド

    いってこい馬籠&妻籠 厳寒グルメフォンド Part2

    いってこい馬籠&妻籠 厳寒グルメフォンド Part1

    ↑いってこい馬籠&妻籠 厳寒グルメフォンド Part1はコチラ!

    <馬籠峠(岐阜県側ダウンヒル) → 妻籠 → 馬籠峠(長野県側ヒルクライム)>

     

    長野県にある妻籠にやってきました。

     

     

    つのだをさがせ!

     

     

    あら、立派!

     

     

    突然、肩をぶつけた迫り合いが勃発。(いや、一方的に仕掛けてやったw)

     

     

    <馬籠 → 道の駅そばの郷らっせぃみさと>

     

     

    昼ご飯は馬籠にある坂の家で食べることにした。

    秋の味覚に舌鼓を打ち、馬籠を後にしました。

     

     

     

    あと8kmくらいでFINISH!

     

    道の駅そばの郷らっせいみさとにとうちゃこ!

     

    楽しんでもらえたようで嬉しいですw

    またご一緒にグルメフォンドしましょうね!

     

     

    獲得標高モリモリのいってこい馬籠&妻籠 厳寒グルメフォンドでした!

     

     

    次は誰とどこを走ろうかな。

     

    おわり。

  • グランフォンド

    いってこい馬籠&妻籠 厳寒グルメフォンド Part1

    どうも〜 へっぽこランドヌールのつのだです。

     

    今回のライドは題して

    いってこい馬籠&妻籠 厳寒グルメフォンド

    です。

     

    岐阜県にある馬籠(まごめ)と長野県にある妻籠(つまご)に行ってきましたーーーーー!

    江戸時代の五街道のひとつの中山道の中でもひときわ観光客が多いと言われる岐阜県馬籠宿と長野県妻籠宿。

    古い町並に江戸の風情を感じながら、あなたも散策してみませんか。

    https://www.nta.co.jp/media/tripa/articles/6jxOd

    ↑詳しく知りたい方はコチラ!

     

    距離90km 獲得標高2,000m超 の坂モリモリのライドをしてきましたよー!

     

    コース概要:道の駅そばの郷らっせぃみさと → 馬籠 → 馬籠峠 → 妻籠 → 馬籠峠 → 馬籠 → 道の駅そばの郷らっせぃみさと

    こんなコースを走ってきました。

     

     

     

    <道の駅そばの郷らっせぃみさと → 馬籠>

     

    今回は岐阜県恵那市にある道の駅そばの郷らっせぃみさとからスタートです。

     

     

    7:00前の気温はなんと-2.0℃ 恵那寒すぎでしょw

     

     

     

     

     

    顔を合わせて早々、青色大好きマンとお茶目番長のコントが始まりました。

    青色大好きマンに油さしてるww 実は機械仕掛けだったんだね。

     

     

     

    これサツに見つかったらマズいやつやww

    青色大好きマンが販売しているロードバイク撮影専用透明コンパクトスタンドを直接販売していたようです。

    https://ryochinn.booth.pm/items/1719048


    ↑ロードバイク撮影専用透明コンパクトスタンド
    の詳細や購入画面はコチラ!

     

     

     

    今日はこのふたりと走ります。

    https://twitter.com/next_eru

    ↑お茶目番長 えるさんのTwitterアカウント

    https://twitter.com/r_y_o_o_o_o
    ↑青色大好きマン(青奴) りょうちんのTwitterアカウント

     

     

     

     


    走り出した7:30でも-1℃ 厳しい寒さにも関わらず早速4km超えのダウンヒルでした。

    耳あてしてないから耳がちょん切れるー!!

     


    今日から青色大好きマンのお供になったアヒル隊長だそうです。

    風を受けてヘルメットのプロペラがくるくる回る〜。

     

     

    激坂や平均勾配5~10%のアップダウンを繰り返し越えて、中津川市入りしました。

     

     

    ずっと仲良しでいられるといいね!

    風に煽られ頭からずり落ちたあひる隊長。ヘルメットのプロペラが無残にも破損!

    早すぎでしょww

     

    チーーーーーーーーーン。

     

    チーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン。

     

    悲しみを乗り越えて3人は再び走りだす。

    馬籠までの道のりは斜度5~10%の坂だらけで結構ハードだった。

    登坂でスピードが落ちないえるさんに20代前半のへっぽこランドヌールつのだと青色大好きマンは必死についていった。

     

    場所を選ばず自転車を自立させられるから本当に便利だな。

     

    ぜひ一度、商品詳細を見てみてください。愛車の撮影がもっと楽しくなっちゃうアイテムですよ!

     

     

     

    馬籠宿到着!
    早速おやき野沢菜となす味噌を食す😇 pic.twitter.com/3eRH0aSAov

    — えるさん🚴‍♂️ (@next_eru) December 15, 2019

     

     

    おやき やで~ pic.twitter.com/Rm0kVsKPir

    — くろまめ@自転車系えんじにゃー (@Tsunozarashi) December 15, 2019

    おやき ウンマッ! _:(´ཀ`」 ∠):

     

     

    恵那山って標高2,000m以上あるんだね。

    来年になったら神坂峠を通って恵那山の山頂まで登りに行くぜ!

     

     

    馬籠の坂はずっと斜度5%前後の道が続く。意外と急なのであ〜る!

     

     

     

     

    つっかれたーーーーー 高台で休憩です。

     

    自転車を押して登った甲斐があったぞ。

     

     

    えるさんの相棒ちぃたんです

     

     

    正規ルートに戻れると思いきや、まさかの石段ww 突如シクロクロスが始まったww

    300mはあったであろう石段を自転車を担ぎ登り降りしてようやく正規ルートに戻れたぜ。

    上半身の疲労と脚への負担が…。思わぬダメージを食らったw めっちゃ楽しかったからOK!

     

     

    ↓いってこい馬籠&妻籠 厳寒グルメフォンド Part2はコチラ!

    いってこい馬籠&妻籠 厳寒グルメフォンド Part2

  • グランフォンド

    克己塾ライド! 〜晩秋の花立峠と池田山&恐るべし沙羅林道〜

    どうも〜、へっぽこランドヌールのつのだです。

    今回のライドは題して…。

    克己塾ライド! 〜晩秋の花立峠と池田山&恐るべし沙羅林道〜

    です。

     

    by 克己塾長

     

    潜入調査、克己塾!

    ↑克己塾 ってなんやねん!と思った方はコチラ!

    つのだが克己塾に初めて参加した時のライドレポートです。

     

     

    <ルート概要>

    今回のルートは道の駅織部の里もとす→花立峠→道の駅池田温泉→池田山→沙羅林道→かすがモリモリ村→道の駅織部の里もとすです。

    コースレイアウトにある左のちっちゃい山が大谷山、花立峠です。中央のでっかい山が岐阜のボス山池田山。

    距離は約77km 獲得標高は1271m でした。

     

     

     

     

    スタート前は自転車重量計測会で盛り上がりました。

     

    優勝者soma君の6.9kgのバイクは指一本で持ち上げられるほど軽かったです!

    おれのバイクで同じことをやったら指の骨が折れそうww

     

     

    <道の駅織部の里もとす→花立峠>

    それでは、しゅっぱーつ!

     

    道の駅織部の里もとすから25km/h~30km/hでゆるゆると走って花立峠に向かいます。

     

     

    花立峠の麓に到着。登るのはこれで4回目かな?

    ここでTKGくんが合流!総勢8名になりました。

     

     

    坂バカの塾生たちがTTで飛び出します!

    この勝負の結末は一体どうなるのか!?

     

     

    先頭ではタケチャンとTKGくんが競っていたらしい。

    赤い悪魔タケチャンがトップゴール!

    つのだは最後尾から追いかけ、数人抜いたあとsoma君に抜かされ4番目にゴールラインを切りました。

     

    1位はタケチャン 9:53

    2位はたぶんTKGくん?

    時間差スタートだったから分からないけど3位はsomaくん か つのだ 10:04

     

    somaくんパワーウェイトレシオ2倍は嘘でしょww 速いじゃないか!貧脚詐欺はダメ、ゼッタイ!

    http://og3s.web.fc2.com/003.html

    ↑ヒルクライムの出力を計算してみる

     

     

    ちなみに花立峠ヒルクライム 克己塾の上位13名はこの方々です。

    みんな速すぎでしょww 次は9分台のタイムを叩き出すぞ!

    全員登り切ったので休憩中〜

    花立峠を後にして三水川堤防を南下、バイパスを気持ちよく飛ばして道の駅池田温泉に立ち寄りました。

     

     

    <道の駅池田温泉→池田山>

    福ちゃん:「俺は…強い!!」

    福ちゃんがみんなのロードを見張ってくれました。

    道の駅池田温泉で水分補給&トイレ休憩。

    えるさんがくろまめに目潰し?してるww お茶目番長えるさんは今日も遊び心全開です。

    くろまめ:「ぎゃあぃいたたタタタタっ! やめるにゃ〜」

     

     

    そして、克己塾一行は岐阜のボス山 池田山の麓へと向かう。

     

     

    池田山にはTT区間がある。道の駅池田温泉の新館付近にある信号からパラグライダ離陸場の分岐までだ。

    最初の3kmくらいは平均斜度が10%はあるだろう。

    この区間は斜度17%を超える激坂があるにも関わらずアスファルトがバッキバキに割れて隆起、陥没している。

     

    足をかなり削られるため、さくせん いのちを大事に と MP使うな を同時に発動して6人の塾生はゆるゆる登っていた。

    タケチャンとTKGくんはここでもTTを開始。いや、マジかよ…。どんだけ豪脚やねん!

     

    えるさんにロックオン!

     

     

     

    先を走っているお茶目番長になんとか追いついたので一緒にゆるゆる登りました。

     

     

    池田山は時折、木々の間から下界を眺めることができるので辛くてもまた登りたくなっちゃう不思議な魅力がある山です。

     

     

    パラグライダー離陸場に辿り着くとTKGくんがいた。あれ?タケちゃんがいないだと!?

    その頃タケチャンはというと、頂上まで登っていたww

     

     

    紫ジャージの キモキモキモキモ モルァアアアアー!(弱虫ペダルの御堂筋ぬいぐるみ)を相棒に池田山を駆け上がる。

    赤い悪魔&紫ジャージのぬいぐるみ:「僕らがほしいのは勝利ただひとつや!!」

    夢の共演である。

     

    2回TTしてもピンピンしている。成長率No.1の塾生タケチャンがどんどん速くなっていくよー!

     

     

    パラグライダー離陸場までみんな登り切ったぞ!

     

    <愛車紹介>

    zurari

     

    S田さんのLOOK。

     

    克己塾長のSCOTT。

     

    えるさんのCARRERA。

     

    TKGくんのCARRERA。

     

    somaくんのFOCUS。

     

    つのだのやつ。

     

    ちえさんのCOLNAGO。

     

    赤い悪魔のDE♡ROSA。

     

    岐阜の街並みを一望できる上界の絶景スポットです。

    自転車で池田山に登った者だけがこの壮大な風景を見て、感じられる気持ちがあります。

     

     

     

    この日は珍しくパラグライダーで飛ぼうとしている場面に遭遇することができました。

     

    YouTubeで池田山からパラグライダーが飛び立つ動画を見つけたので興味のある方はぜひどうぞ~

     

    標高750mから始まる空の旅は上昇気流に乗ると伊吹山越しに、琵琶湖を見ることができるらしい。
    もっと上昇すると、日本海、富士山も見ることができるんだとか。(空気が澄んでいれば!)

     

    確実な高度(標高1500m)には一体どんな風景が広がっているんでしょうか。

    機材はカーボンだと150~200万円くらいするそうです。

    自転車に100万以上かけてて、あれ?意外と安いじゃん。と思ったそこのアナタ。

    底なし沼にハマってますねww よかったら空も飛んでみてください。

     

    http://ikedaflyers.jp/v/?GID=4vjqve7httcmesedts0q90v737

    ↑池田フライヤーズ

     

    http://airkassy.com/ikeda/school.html

    ↑東海SKYパラグライダースクール

    浮遊体験の半日体験コースやライセンス取得コースで空を飛んでみませんか?

     

     

     

    その後、全員で池田山山頂まで登りました。

    <池田山山頂>

     

     

     

    <池田山→沙羅林道>

    池田山の裏側には斜度13%の下り坂の標識がありますが、その辺りは路面が綺麗で下っているときに左側に絶景が見えます。

    斜面のすぐ側を走るので下界との高低差を感じやすく、濃尾平野や岐阜の養老方面が一望できるオススメのスポットです。

    それより下へ下るとグレーチングの段差や砂利などが散乱していて路面状況が悪くなります。

     

    塾長、ちえさん、最後尾を高級車で走る無口な謎の男S田さん(実は優しい)。

     

     

    道案内の看板がある分岐点まで下ってきました。みんなが集まるまで待機!

    ここにある分岐のうち沙羅林道を選び、春日方面に進みます。車が往来した痕跡があるのでおそらく春日に通じているはず…。

     

    先日、池田山の裏側に下って、上記の道案内の看板がある分岐で沙羅林道ではない方の道を選んだところ君が代街道に突き当たり、その後池田山の裏側を登って引き返すことになりました。君が代街道とその分岐を確認してきましたが、崩落や工事の通行止により関ヶ原方面、春日方面ともに抜けられるルートがなかったんです。(;_;)

     

    その際のライド動画がコチラ!

     

    よって、克己塾一向に残された道はただひとつ。

    春日方面に繋がる謎の沙羅林道。こっちの道気になってたんだよな。ワクワク!

    だが、そのワクワクが消え恐怖に心が支配されるまでそう時間はかからなかった。

     

     

    <沙羅林道→かすがモリモリ村>

     

    道が酷すぎてあまり写真や動画を撮る余裕さえなかったので、臨場感溢れるちえさんのコメントをしばらくお楽しみください。

     

     

    克己塾の裏塾長ちえさんは怖いww

    このクソ道しか選択肢がなかったんです。どうか許してくだせえ。

    やっっっっっと…アスファルトを拝めたあたりで後続が来るのを待つ。(ここまで止まれるような場所が3~4kmなかった。)

     

     

    いや、沙羅林道5.6kmもあったんかいww そりゃ1時間かかるわww

    獣の領域でしたよ。林道好きのわいでも、もう二度と通りたくねえと思いました…。

    沙羅林道を Top of the Top のクソ林道に認定します!!!

     

    グッバイ、沙羅林道。もう二度とお前の顔は見たくないぞ。

     

    みんな無事に生還しました。誰一人パンクしないという奇跡が起こった!

    くろまめ:「お腹へったにゃ! もりもりマッチョの鳥さん食べたいにゃ〜ん」

     

    かすがモリモリ村にやっと到着!

     

     

    レストラン朝霧でLunchタイムです。

     

     

    この薬膳ラーメンのことだけを考えて、あの寒く暗いクソ林道を切り抜けてきたんだ!

     

    豚骨と鶏がらなどを配合した細麺のピリ辛ラーメン。オトギリソウ、オダギリジョー、ヨモギ、ドクダミの薬草エキスが入っています。

    温かくて身体に染み渡るうまさ。ありがてえ。ありがてえ…。

    麺大盛りのご飯つきでペロリしました。

     

    福ちゃん:「美味い!!」

     

     

    <かすがモリモリ村→道の駅織部の里もとす>

     

     

    最後は解散の儀式である足円陣をして終わり!

    みんなシューズカバーがどろどろww

    沙羅林道の過酷さを物語ってます。

    今回のライドはドキドキハラハラしたなー、とても楽しかった!

     

    <今回の走行記録>

     

     

    【過去に参加した克己塾のライドレポートはコチラ!】

     

    ゆるふわ克己塾ライド:馬坂峠チャレンジ&徳山ダム 〜雨のぬいぐるみ大行進〜

    ↑つのだが克己塾に2回目に参加した時のライドレポートです。

     

    ゆ…ゆるポタって言ったよね?克己塾、モネの池ライド!

    ↑つのだが克己塾に…何回目か分からないやww 3回目?4回目?に参加したときのライドレポートです。

     

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    次は誰とどこを走ろうかな〜。

     

    おわり。

  • グランフォンド

    いってこい東濃牧場 灼熱グルメフォンド

    どうも~ へっぽこランドヌールのつのだです。

    今回は題して いってこい東濃牧場 灼熱グルメフォンド  ライドをしてきました!




     

    岐阜県恵那市にある牛が沢山いる牧場です。

    超濃厚なソフトクリームを食べるためにりょうちん(青色大好きマン)といってきました。

     

     

    距離:114km 獲得標高:2076m の灼熱ライド。

    最高気温が30℃を軽々と超える真夏の暑さに負けないためには自分を甘やかす頻繁な休憩と走りながらも身体を冷やす工夫が必要です。

     

     

    つのだがしている暑さ対策はハイドレーションバッグを使用すること。中にタンクが入っています。

    くろまめが圧迫されてところてんのようにウニョっと飛び出していますが何ら問題ないでしょう。

     

    https://www.amazon.co.jp/CAMELBAK-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0-85OZ-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B01L8JEULQ/ref=sr_1_31?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3+camelbak&qid=1564893932&s=shoes&sr=1-31

    使い方は簡単!鞄の中のタンクに液体を入れ、繋がっているチューブの先端を口に加えて吸うだけ。

    2.5lの容量があるので氷400gと水2lを入れて、キンキンに冷えた水を飲むもよし、身体にかけるもよし、なくてはならない真夏の装備です。

     

    パンパンに中身を入れてしまうと背負った時少し重いですが、身体に水をかければ蒸発するときの気化熱によって体内の熱を逃して体温を下げることができます。

    太陽の暑さに負けないためにこまめに水をかけましょう。

     

     


    7:30頃 愛知県瀬戸市にある道の駅瀬戸しなのをSTARTしました!

     

     

    道の駅瀬戸しなのから10分ほど走ると雨沢峠の入り口に到着。

    愛知と岐阜に跨がる雨沢峠を愛知側から登っていきます。

    峠の序盤には斜度9%の区間があって少しキツイですよね〜

     

     

    峠の中盤は木々が頭上を覆っていてほとんど日陰になっているので涼しかったです。

     

     

    県境を知らせる看板を過ぎたら峠の終盤。

     

     

    グッバイ愛知!岐阜に入りましたー!

    8:00で気温は早くも30℃に達している。が、一瞬の下りで水を得た魚のように加速!

    再び登りに入りラストスパートです。

     

     

    雨沢峠登りきったー!

     

     

    りょうちんはまだまだ余裕の表情を浮かべている。

     

     

    雨沢峠はトレーニング好きやレース志向の方々がいっぱい。

    みんな軽装備で息を切らせて汗だくで駆け上がってくる。

    100mlの汗をかくと体温が1℃上昇するのを防いでくれるよ。

    だから、運動前の水分補給は大切でっせ。

    しばらく休憩して雨沢峠を岐阜側に降る。時速50kmを超えると風が心地いい。

     

    しばらくペダルを漕いでいるとりょうちんが良さげなベーカリーを発見!

    曽木のベーカリー Kattun カッタン というお店です。

    この道を選んでなかったら知らないままだったかもしれない。

    こういう予定外の寄り道が楽しいですよね。

     

     

    駐車場が広いよ〜

     

     

    自転車を5台は掛けられるであろうお手製サイクルラックがありました。

    棒の部分に緩衝材が巻きつけてあって自転車が傷つかないようにしてある。

    小さな心遣いが嬉しいです。

     

     

    店の入り口ではセクシーなかえるさんがお出迎えしてくれました。

    いやん♡ うっふーん♡ あっはーん♡

     

     

    店内はログハウスのような内装でした。

    パンを作っているところを見られるようになっています。

    店員さんが5人もいる!思ったより本格的なのでは!?

     

     

    焼きたてのパンが沢山あるぞ〜!

    1つ200~300円くらいの大きめなパンが多かった。

     

     

    オリジナルエコバックを売っているぞ!?

     

     

    オリジナルTシャツもありました。グッズ販売をしてるようです。

     

     

    いい笑顔してんなー。

    りょうちんはクリームパンと自家製のすももサイダーをつのだはショコラクランベリーと自家製のすももラッシーを注文。

    イートインがあって店内と店外合わせてテーブルが少なくとも5つはありました。

     

     

    クリームパンは外はふんわり中にはとろとろのクリームが入っていました。うまま!

    すもものドリンクは期間限定なのでお早めに!

    このベーカリーはおすすめ!リピーターになっちゃいますねえ。

     

    曽木のベーカリー Kattan カッタン

    http://kattan.info/ ←ホームページはこちら

     

     

     

    お腹いっぱいになったふたりはさらに東に進み、ギネスにも認定されている世界ー大きい狛犬がある瑞浪市の八王子神社までやってきました。

    なんと、高さは3.3m 重さは15トンあるそうです!

    秘技、狛犬隠し!りょうちんがせっかくの狛犬を台無しにしてくれました。

     

     

    微動だにしない小学生に見送られ、ふたりは恵那にある東濃牧場を目指しまた走る。

     

    道の駅おばあちゃん市でひと休憩。

     

    360°に広がる田園と夏空。

    引いていたルートは田んぼのど真ん中を進む道でした。

     

     

    自転車、セッティング中…。

     

     

    パシャり。

     

     

    田んぼ道を脱出!

     

     

    ついに、我々は東濃牧場の麓に辿り着いた。

    だが、しかし平均勾配9.2%の道を2.9km登らないと牧場には辿り着けないのだ!

    我々ランドヌールは全速力で駆け上がった!

     

     

    ふふふ…我々を抜かせるものなら抜かしてみるがいい…!

     

     

    なんとか東濃牧場に辿り着いたぜ。ゼェゼェ。

    曇っているが、奥にある阿木川湖を見下ろせて清々しい気分になりました。

     

     

    牛の仲間入りしてみた。

    (りょうちんが冷たい目でこちらを見下している…。)

     

     

    のぼらないで って書いてあったからのぼってやった。

    次の干支レースではあのネズミ野郎に1位を譲ってたまるか。

    猫年があってもいいんじゃない?

     

     

    生気のない牛と触れ合い終えて、飲食店がある東濃まきば館にやってきました。

    店員のお姉さんが優しい。ボトルに氷と水をサービスでくれました!

    このソフトクリームを求めて50km走ってきたんだ。

     

     

    ぺろぺろぺろぺろ ぺろぺろぺろぺろ

    牛の乳はうめぇな 超濃厚だぜ、ぺろぺろぺろ…。

     

    店員さんに暑さで死なないでね って笑われて出発。

     

     

    りょうちんのマブダチ ふかやん がバイクで近くを走っているらしい。

    お昼ご飯を一緒に食べるべく合流することに。

     

    自転車 自転車 バイク!?

    新体験だ。東濃牧場から下界へ坂を一緒に降っていく。

     

    エンカ記念にふかやんのバイクを乗っ取ってやった。

     

     

    三人でランチ。CAFE&DINING エスポワール

    サラダとスープ。

     

     

    豚肉と野菜のペペロンチーノ。

    麺の量は+100円で大盛りにできます。

     

    カニのトマトクリームパスタ

    エビのトマトパスタ。

     

     

    CAFE&DINING エスポワール

    http://ty.enat.jp/ ←ホームページはこちら

     

     

    そして、ふかやんとお別れ。
    彼も自転車乗りだ。ANCHORに乗っているらしい。
    一緒にライドする日も意外と早くやってくるかもしれないな。

     

     

    時を遡って大正時代にやってきました。

    道の駅瀬戸しなのまで、まだ40kmくらい残っている!

     

     

    やっと岐阜恵那と愛知豊田の境まで戻ってきた。

    写真撮影をしているとハラビロカマキリが現れた!

    りょうちんは何故か虫に詳しい…。

    たいていの虫の名前は見ただけで分かります。

    (此奴、何者なんだ。)

     

     

     

    と、いうわけで撮影会をした訳だす。

    戦闘態勢のカマキリたんを写真に残すことに成功しました。

    ひと遊びして撮影に飽きた一行は道の駅瀬戸しなのに向かって漕ぎ出す。

     

    帰り道もアップダウンが多かった。

    この道は通らない方がいい。

    15%の斜度に殺される。

    照りつける太陽。残り少ないドリンク。

    思わず脚を止めてしまった。

    あっ…!

     

     

    青色大好きマンが命の水を発見!

     

    顔にバッシャあああああ あー冷たい。

     

    我慢できずに頭も!真夏のライドの最も心地よい瞬間がこちらです。

     

    命の水でHPを回復した我々は力強く前に踏み出した!(自転車を引いて)

     

    あと20km

    豊田市から瀬戸市に戻るためには戸越峠を越えなければいけません。

    この時点で獲得標高は1750mほど。

     

     

    そして、戸越峠を登る。

    AR中部が開催するブルべではステルス峠と名高い戸越峠。

    数百キロにも及ぶコースレイアウトの最後の方にちょこんとある峠、体力の限界近い状態でここに差し掛かるとこの峠を避けて通れないことを嘆かずにはいられないだろう。

    FINISH地点の道の駅瀬戸しなのに戻るために越えなくてはならない最後の峠なのである。

     

     

    日の入りまでに道の駅瀬戸しなのに帰還した我々。

    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    今回はこの変なポーズでお別れです。

    さて、次はどこに行こうかな。

    to be continued…。




  • グランフォンド,  ヒルクライム

    足助ですらいど

    足助と言えば香嵐渓。

    紅葉が有名で秋になると、県外からも沢山の観光客が訪れることで有名ですよね。そんな足助の向こう側に大多賀峠という峠があるのは知っていますか?それをお目当てにいなばちゃんとひとっ走りしてきました!



    距離77.6kmなのに獲得標高が1,683mという坂バカの、坂バカによる、坂バカの為のですらいどをご覧くださいな(∩´∀`)∩グルメ情報もあるよ。

    (。´・ω・)ん?なんだこの走行履歴は!? 奇妙なYの字になってやがる。

    これには訳がありまして… 読み進めていけば後々分かりますww


    香嵐渓ほど近くにある足助西町第2駐車場に車を停め出発準備をする。

    ちなみに駐車料金は500円の前払い制です。自動販売機やトイレがすぐ側にあって便利だからおススメやで!

    数km走ると大多賀峠の入り口につきまっせ。

    大多賀峠

    コースレイアウトは以下の通り。

    距離:10.4km

    獲得標高:584m

    平均勾配:5.6%

    愛知県では貴重な10kmを超える峠。あまりにも距離が長くてゆるポタ勢は足をつきたくなること間違いなし!

    木々に囲まれているから、景観は楽しめないが淡々と登りたい人にはいいかもしれない。週末でも交通量は少なく、下手したら車よりローディの方が多いほどだ。トレーニングが目的で走ってるローディが多い気がする。



    序盤は斜度1~5%の緩い坂が多く、不意に斜度5~8%の急な坂が現れる。終盤が近付くにつれて斜度7~10%の急な坂が頻繁に現れるようになり、猛威を振ってくる。この峠まだ終わらないの?(*´Д`)ハァハァご褒美だな

    涼しい顔をして先に登りきっていたイケメンクライマー、いなばちゃん。

    冬眠していた(2~3ヶ月の間ロードに乗ってない)とは思えない速さでつのだを置き去りにしていった。許すまじww

    本気ではないが、この日のタイムは43:45だったようだ。

    今にも死にそうな顔して登ってきたつのだ。いなばちゃんより5分以上遅いタイムでFINISH( ;∀;) 登りきればそれでいいんですよ、ええ。だってゆるポタ勢ですもの。(byへっぽこランドヌール)

    うむ。ニューホイールのZONDAがかっこいい。明らかに漕ぎ出しが軽くなった!

    愛知県道33号線の黄色看板

    大多賀峠を下り、愛知県道33号線を突き進むと斜度12%の黄色看板が立っている。

    路面が綺麗で走りやすいぞ!標高1,000m超の頂上に向かってヒルクライム。

    ほら?路面きれいでしょ?

    つるっつるでしょ?

    愛知県道33号線を横道に逸れ、進んだ先は通行止めでした(´;ω;`)シュン

    まさかの通行止で事前に組んでいたルートがあてにならないから、GARMIN820Jの単体ルート設定を活かし、道の駅どんぐりの里いなぶへ向かう。めっちゃ便利やなぁ。

    だが、しかし!サイコンの示すルートは来た道を引き返せというものだった。ウオォオォォォッォォオオ🚵🚵

    登ってきた急勾配の坂を一気に下る!ここから7kmにも及ぶ下り基調のアタック合戦に発展したのは言うまでもないww 燃え尽きたよ、真っ白にな。(まだ40kmは走らなければいけないというのに)

    寒空の下で食べる温かいボンゴレスパゲティはうまかった。

    アトリでティータイム

    食後のデザートを求めて、道の駅どんぐりの里いなぶに隣接するアトリという小さなケーキ屋さんでティータイム。

    飲み物とプリンのセットが600円弱で楽しめるよ。ここのプリンがうまいんだぁ。味はシンプルなものや、抹茶、ラムレーズンなどなど!いまは期間限定でチョコ味生クリームのせが食べられるぞ😋

    道の駅どんぐりの里いなぶでガブリっ!

    道の駅どんぐりの里いなぶでは、ニンニク味噌味のフランクフルトにガブリっ!(250円) 肉汁が滴る ンマッ!

    帰り道では大多賀峠で時速60km超の爽快なダウンヒルをして楽しみましたとさ でめたし、でめたし。

  • グランフォンド

    冬の茶臼山探索隊

    どうも、つのだです!

    今回はりょうちんと一緒に冬の茶臼山探索隊ライドをしてきたよ。

    冬の茶臼山探索隊ライド



    愛知県で最も高い山、それが茶臼山。

    冬でも走れるの?路面凍結とか積雪が気になるし、茶臼山高原はどれくらいの気温だろう?

    そんな疑問が湧いたから自分の目で確かめてきた。

    結論から言うと、2/17(日)現在 走れます!

    路面凍結はほぼなし、積雪は路肩に少しあるだけでした。

    ただし、天候により路面状況は変わるので、走りに行く際は自己責任でオナシャス!

    道の駅①どんぐりの里いなぶ

    9:10 どんぐりの里いなぶを出発!

    標高600m程度ですが気温は2℃でした((*´д`*)) さぶい・・・

    今回はグルメはパスしたけど、フランクフルトやソフトクリーム等が食べられるよ!近くには温泉もあるから便利な道の駅です。

    次の道の駅のアグリステーションなぐらまで10km弱走ります。平坦基調?で少しだけ登りがあるだけだからゆる~く走れる。

    道の駅②アグリステーションなぐら

    今回はトイレに立ち寄っただけ(笑)

    野菜の販売所がやっていたくらいでたこ焼き屋さんは閉まってた。うん、閑散としてる。

    しかーし、ここからが本番なのである。

    道の駅アグリステーションなぐらの正面に見える坂こそが茶臼山ヒルクライムの始まりだ。茶臼山高原道路といって茶臼山高原まで17kmもある。(それに加えて補給場所は一切ないからタヒる)

    茶臼山ヒルクライム

    茶臼山ヒルクライム

    距離17.85km 平均勾配3.09%

    なんだ、緩い坂が長々と続くだけじゃん。

    と、思ってたら面食らう。

    実際は最初の7.5kmは8%の黄色看板のオンパレードなんだ。

    ウォォォォ、坂が終わんねえ!!

    そして迎える面ノ木トンネル。

    なにしとんねんΣ\(゚Д゚;)邪魔や

    一旦、登りが終わるから思わず足を着いてひと休みしちゃうね。

    トンネルの向こう側は路肩に雪が残ってた。

    あまりの寒さに水路?も凍ってた。

    気温は0℃だと!?:(´◦ω◦`):ガクブル

    さて、ここから標高1150mから標高900mへまさかのダウンヒル。せっかく登ったのに!2km降る(´ ゚ω゚`)恐るべし茶臼山!アーレー

    その後、標高900mから標高1200mへ登り基調で8km走ると…。

    茶臼山高原

    じゃーーーん!!遂に茶臼山高原に到着!

    池が全面凍ってるぞ!?それもそのはず、標高1200m付近は11:30で気温-2℃でした。さっむ。ここまでの道のりに路面凍結がないのが奇跡のようだ。

    茶臼山高原スキー場の食堂でお昼ご飯タイム

    食堂にスキー客に混じって自転車ウェアの男2人がいる奇妙な光景を作り出してしまった‪( ॑꒳ ॑ ) ちなみにこれは、ソースかつどぅーん 1000円なり!

    お腹にいっぱいになって長野側にダウンヒル。売木峠を降り、次は道の駅うるぎふるさと館へ。



    道の駅うるぎふるさと館

    売店のおばちゃんの売木トークが炸裂。

    最近、鹿と衝突して車が破損して20万の修理代が必要になったとか やられ損は田舎あるあるなのかな?そんな憎き鹿肉も買えるうるぎふるさと館、ぜひ立ち寄ってみてください( ˇωˇ )

    売店でブルーベリージュースを購入。

    甘酸っぱいくて濃厚、うんまいや!

    次は道の駅信州平谷へ

    だが、そこへ辿り着くには平谷峠を越える必要があった。

    一部凍結している箇所を躱し、進んでいく。

    平谷峠

    斜度10%~15%の坂がチラホラ、しかしこんな綺麗な山景色が見られる峠だ。頂上は標高1160mに達する。


    道の駅信州平谷

    駐車場も広く、食堂あり、売店あり、なんならポニーの乗馬体験までやってた(笑)

    ここでは、いちだヨーグルトを飲んだ。

    とろとろしたヨーグルトのなかにほんのり蜂蜜のような甘さを感じる。美味しかった( ・ㅂ・)

    休憩を終えて27km先の道の駅どんぐりの里いなぶへ、16:00に到着。 山あり峠ありの茶臼山探索だった。氷点下の寒さにも耐えられるのなら、ぜひ冬の茶臼山を楽しんでみて(´∀`)おしまい



  • グランフォンド

    二ノ瀬峠ᵃⁿᵈ鈴鹿スカイライン ゆるゆるグランフォンド

    どうも!へっぽこランドヌールつのだです

    今回はりょうちんと一緒に岐阜、三重、滋賀の3県の山々を走ってきたぞ!



    二ノ瀬峠と鈴鹿スカイラインを紹介しまーす\(‘ω’)/  

    二ノ瀬峠

    距離:6km 平均勾配6.2%の峠。岐阜県と三重県の県境に股をかける峠で表側である岐阜県側からだと登りや( ˘ω˘ ) スヤァ…

    おっと、いけない。

    寝てしまうところだった…。      

    週末は愛知三重岐阜のローディーがわんさか集まってくるぞ(一体どこから湧いてくるのか) 東の雨沢峠と西の二ノ瀬峠と言われるほど東海三県のローディーにとっては馴染み深い峠なのであーる! 

    峠を走っていると猿が現れることもしばしば。
    柴犬がうろうろしていることはないが、上の写真のように夢遊病のローディーが出没することがあるため注意が必要だ。決して目を合わせてはいけない。

    これが二ノ瀬峠にある庭田山頂公園だ。登った記念にこんな風に写真を撮る人も多い。

    二ノ瀬峠を三重側に下る時は気をつけよう。採掘場?があって、路面が砂に覆われているから危険だ。気分よくダウンヒルをしていたらすってんころりんなんてハメにならないようにね。

    二ノ瀬峠を三重側に下り、ふたりはプリキュア♡…。
    (´ρ`*)コホンコホン ふたりは鈴鹿スカイラインを目指すッ!

    何気なく選んだ道に心惹かれることってあるよね!思わずパシャリ!

    鈴鹿スカイライン    

    距離:5.8km 平均勾配8.5%の武平峠(ぶへいとうげ)。道路の最高地点は815mに達し、鈴鹿山脈にかかる道路の中で最も高いところを通るため、鈴鹿スカイラインとも呼ばれている!

    鈴鹿スカイラインにやってきましたー!サイコンを覗くと序盤から勾配が7~10%で変化してた。容赦ないな鈴鹿スカイライン、大好きだァッ!(おばたのお兄さん)

    鈴鹿スカイラインに飲食店ある唯一の飲食店  お食事処 北の幸 熊 なんとここ三重で北海道のグルメが楽しめます!!(なぜ???)

     

    今回はコーンバターラーメンをいただきました!※通常は塩ベースだけど、頼めば味噌ベースでも作ってくれるよ 他にもカニや海鮮ラーメン等が楽しめる~

    それじゃあ、お腹いっぱいに北の幸を堪能したらヒルクライム再開だ!

    ゆるゆる登っていく~

    鈴鹿スカイラインのつづら折りから。

    この山景色に心を奪われる人も少なくないだろう。また晴れの日に訪れたいな。

    登りきったーーー!!喜びもひとしお

    このカーブを目にすると走りたくならない?

    武平峠 鈴鹿スカイラインの頂上に到着!

    標高が815mあるよ この先のトンネルを抜ければ、滋賀県が待っている(´∀`)

    鈴鹿スカイラインを下ったところにススキが生い茂る草むらがあった。紅葉以外で秋を見つけたよ。

    16:00頃なのに残り55km ゆるゆる走ってたから、太陽が今にも沈みそうになっていた。

    道の駅奥永源寺に到着した頃にはとっくに辺りは暗くなっていた。まだ40kmあるんですがww 

    焦らない、焦らない。だってふたりはランドヌールだからね。ナイトライドの楽しさを知っている。

    ひと休憩~ 寒さのせいか少し眠たいぞ~。

    ライトでぼんやりと照らされた前方に目を凝らし、夜の峠を下る。カーブを曲がる度に集中力が増して、感覚が研ぎ澄まされていくのが分かる。日中の疲れを忘れたかのように残りの40kmを疾走した。

    おわり。次は何処を誰と走ろうかな?

  • グランフォンド,  ヒルクライム

    坂バカ必見!? 富士/^o^\3PEAKS 地獄?それとも天国?

    坂バカであれば一度は考えたことがあるだろう。
    日本で最も高い山 富士山をヒルクライムできないのだろうか?




    結論から言おう…できる!!

    ただし、道路がある5合目までだけどな(´∀`)

     

    誰が考案したのかは分からないけど、富士3PEAKSっていう坂バカ御用達の遊びかあるんだ。

     

    その内容は富士山の5合目まで続く3つの道路(ふじあざみライン、富士スカイライン、富士スバルライン)をヒルクライムしつつ、富士山の周りをぐる~と1周する というもの。

    距離が約203km、獲得標高は約5300mあるよ!

    \_(・ω・`)コレ重要! なんてクレイジーなんだ

     

    お盆休みを利用して、富士3PEAKSにつのだ、りょうちん、TAKERUの3人で挑んできたよ!


    朝日が昇る時刻に富士山に到着!



    道の駅すばしり に車を停め、準備をする。

    爽やかな朝をフォロワーさんにお届けできて満足!
    (*゚∀゚)ウヒャヒャヒャ

    そんじゃ、富士3PEAKS STARTだ!

    うむ、約203kmあるね。行くぜーー!!

    3人ともハイテンションだぜ
    イェア!!!!!(☝ ՞۝՞)☝!!!チェケラ!!!!!

    1本目はふじあざみラインの頂上である

    須走口5合目を目指すぞ!

    距離:11.4km 標高差:1200m

    平均勾配:10.5% 最大勾配:22%

    エッ、エグすぎだろうがァァァァァァァァッ!



    序盤は勾配10%のどストレートの坂が続く。

    まっ マジかい!!

    最初からきっついやないか!

    右手に 鳥の壁?? と呼ばれる撮影スポットが現れるあたりで少し勾配が緩くなる。

     

    あれ?思ってたより大したことないねー!

    って、3人で談笑をしながら登る。

     

    楽しくて仕方なくてスーパーハイテンションに

    なってしまった つのだ

     

    3PEAKSを連呼し、Perfumeの自己紹介風に登る予定の3つの道を口にしている。

    あざみ です!(ふじあざみライン)

    スカイです!(富士スカイライン)

    スバルです!(富士スバルライン)

    3人合わせて、3PEAKSです!

    ん?(´・∀・`)聞き取れない

    ただのキチガイのようだww

     

    だんだんと斜度が上がっていく!

    大したことない って言ってたヤツ誰だ!

    むっちゃきついじゃないか(´ ゚ω゚`)

     

    これがふじあざみの馬返しである。

    そりゃ、馬も登れませんわ ひひぃーん

    手元のサイコンに目を向けると勾配の表示が

    13~17%をウロウロしていた。

    サイコン壊れたかな?17%以上しか表示されない。

    一瞬だけど20%も超えたぞ?お?



    時速3~4kmでなんとかペダルを回しながら前に進む。足つきしてたまるかァァァァァァァァァァァァ!

    横ではりょうちんがS字を描きながら坂を登っていた。きついんごぉぉおおおおおお!!

    とか言いながら、写真を撮る余裕はあったようだ(笑)

     

     

    馬返しがあまりにも辛くて、弱音?をあげるつのだとりょうちん。つらく苦しい境遇に追い込まれると大切な人の癒しが欲しくなるもんです。

    というか、自分たちで企画して登りに来たんだけどね。つらいンゴおおおおおおお!

     

    あとは頂上へ向かうだけ!といっても、まだ5kmあるらしい…。道の端っこに立つ看板が残りの距離を示している。5km 4km 3km 2km 1km

    地味につらいww 現実を突きつけてくる看板くん。

    ハァ ハァ なんとか登り切ったー!!

     

    先に登頂を果たしたクライマーのいなばが余裕の表情でカメラをこちらに向けていた(笑)

     

    ふじあざみラインを登りきり振り返ると

    そこには…絶景が待っていた!!

    雲海より高いところまでロードで登ってきたんだ!

    こんな爽快なことが他にあるだろうか。

    富士山須走口五合目

    ここがふじあざみラインの頂上だ!

     

    売店があり、登山客がいる。

    売店のお兄さんが陽気に話しかけてきた。

     

    「お兄さん達自転車で登ってきたの?凄いねー!

    せっかくだし、名物のこけももソフトを食べていかないかい?」

    おれには、ポケモンソフトって聞こえた(笑)

    売店のお兄さんが勝負(営業)をしかけてきた!!

     

    名物!?ソフトクリーム!?そりゃ食べるよ!

    つのだ 達は ちょろかったwww

    うんまい!初めて味わうけど、んー ラズベリーの味を薄くしてさっぱりさせた感じかな!

    おまけに椎茸茶 と ふじあざみライン ステッカーを貰えた!!

    この椎茸茶は物凄く美味しいから、

    お土産に買って帰ることをオヌヌメしておく。

     

    ふじあざみライン ステッカーは自転車で登頂すると貰えるようだ みんなもチャレンジしてみてね!

     

    ダウンヒルは気をつけよう。売店のお兄さんが言うには、ふじあざみラインのダウンヒルで鹿に激突して自転車が大破した人がいるらしい。

    そんな馬鹿な?と思ったけど本当だった。

     

    ダウンヒルをしているとき、85km/hで下るりょうちんの目の前を鹿5匹が横切るハプニングが起きる。

    ┗┻━( ・`ω・´)┻┛鹿だぁーーー!!

    ┗┻━( ・`ω・´)┻┛┗┻━( ・`ω・´)┻┛

    ┗┻━( ・`ω・´)┻┛┗┻━( ・`ω・´)┻┛

    接近する前に気づいてたから、早めのブレーキで回避できたけど突然視界に鹿が現れたら大惨事になってもおかしくないと思ったよ(笑)

    下りのどストレートは体重53kgのつのだでも空気抵抗を減らせば約80km/hが出てしまうほどだから気をつけて~ 風がムチのようになって身体を襲ってくるよ(笑)

     

    ヒルクライム好きなら一度はふじあざみラインに挑んでみてはいかがだろうか?


    爽快なダウンヒルを体感した3人は充実感でいっぱいだった。3PEAKS楽しかったなー!帰ろうって…

    あれ(´ ゚ω゚`)?まだ1PEAKSしかしてないぞ?

    なんだこの疲労は!?

     

    次に目指すは富士スカイライン!

    2本目は富士スカイラインの頂上である

    富士宮口5合目を目指すぞ!

    距離:16.5km 標高差:1200m

    平均勾配:7.3% 最大勾配:10.5%

    ふじあざみラインに比べれば、常識外れの激坂もないし、勾配の変化が少ない 登りやすい道だな。

     

    だけど、富士スカイラインの入口に辿り着くまでに11.5kmのヒルクライムがあるなんて知らなかった(´ ゚ω゚`)

    そう、実際は陸上自衛隊滝ヶ原駐屯地から登りが始まるんだ。その距離は28km 標高差は1650mに達する。

    エッ、エグすぎだろうがァァァァァァァァッ!(2回目)

    終わらない坂はじわじわと体力を奪っていった。

    平均勾配6~8%は当たり前で変わらぬ風景が永遠と続く。真夏の照りつける太陽と蝉の声。全身が汗でビッショリだ。ボトルの中の飲み物が徐々に減っていく。

    意地でも足つきしない その一心で耐えた。

    長い坂が終わりようやく勾配が落ち着きをみせる地点を発見!どうやら、右側にある坂は御殿場口新五合目へと向かう入口らしい。

    ここでひと休憩をした後、3人は富士スカイラインの入口へと向かう。トンネルを超えた先も登り坂という残酷な現実に直面したつのだは下を向きながら淡々とペダルを回した。

    富士スカイラインの入口へ先に到着していたいなばとりょうちん 2人はまだまだ快調のようだ。

    一方のつのだはこの時点で足が死んでいた(笑)

    べっ、別にあんたたちになんて千切られてないんだからね!!うっ、500mは離れてたよ、不覚だった。

    富士スカイラインは一定ペースで登ってたら楽だった。(TAKERU談)

    平均勾配7.3%は楽には走れないけどなあ(笑)

    これだからクライマーという生き物は(´<_` )フッ

    登るペースは3人ともバラバラだったけど、富士スカイラインも登り切ったー!!記念撮影でロードを持ち上げるのもヘ(゜ω、゜)ノ~〜〜ヘロヘロ-ン♪

    これで2PEAKSだ!

    道中に補給ポイントが見つからなかったから、3人ともお腹ぺこぺこ 獲得標高も2750mに達し、足も動かない状態になっていた。

    850円の生姜焼き定食 インスタントだけど標高2300mで食える飯があるだけでありがたい!

    ご飯を食べ終わった時点で時計の針が15時を回っていた為、今回は3PEAKSを断念することに決めた。

    悔しい。だけど、3PEAKSを達成するにはまだまだ登坂力が足りないことは明らかだった。



    悲しみを胸にダウンヒルを始めた直後、雨が降り出した。標高が高いから前方から迫る雨雲を突っ切るような体験もした。あれは不可避だww

    頂上から6.5km下ったところで雨宿り。

    叩きつける大粒の雨の中、無理やり下るのは危ないからね。ブレーキをしても制動距離が普段の3倍くらいあった。

    やまない雨はない…よね?

    次々と試練を与えてくる富士山。

    今夜は帰さないぜ?(イケボ) とでも言いたげだ。

    僕らはもう帰りたいんですぅぅぅぅ。



    びしょ濡れになったサイクルウェアが肌に張りつき体温を奪っていく。

     

    5分くらい雨が止むのを待っていたけど、止む気配がないから強行手段に出て坂を一気に下る。

     

    富士スカイラインの入口にある料金所(自転車は無料)に辿り着き、濡れたウェアを脱ぐいなばとりょうちん。みんな寒くて:( ; ´꒳` ;):ガタガタガタガタ震えてたっけな。

    10分くらい待機していたら、さっきまでの大雨が嘘のように止み、太陽の光が射し込んできた。

    これで帰れるね((((( ‘ω’)))))

    3人は来た道を引き返し、残り11.5kmのダウンヒルを満喫した。

    道の駅すばしりに戻ってくると距離が約96km、獲得標高が約3000mになっていた。

    本来であれば、距離:約203km、獲得標高約5300mを走る計画だったから、3PEAKSがいかに過酷なのか思い知らされたよ(笑)

    またいつか3PEAKSに挑戦してみたい。

    これを読んでいる坂バカのあなたなら、3PEAKSを達成できるかも!?ぜひ挑んでみてね(´∀`)