ロングライド

潜入調査、克己塾!

<克己塾とは>

今回は岐阜の揖斐で毎週月曜日に開催されている克己塾に潜り込み、その実態を調査してきました!

普段は岐阜の揖斐谷汲・根尾薄墨・伊自良周辺を中心に初心者やロードバイク復帰の方、ベテラン勢で明るく楽しくゆるポタや練習会をしています。




 

 

参加したい方は塾長のTweetを欠かさずチェック!

塾長ライドの詳細を事前に告知してくれているので、内容を見て参加希望者はリプをしましょう。

当日の駆け込み参加も可能です。ゆるいww だが、そこがいい!

 

https://twitter.com/katsumihagita?s=17
↑克己塾長のTwitterアカウント

 

 

基本的には当日の参加者の走力を考慮して巡航速度を決めます。(ゆるく走る人にみんなが合わせる)

時々、塾長が発車するので油断禁物ですよ。先頭組、先頭についていけなかった組(笑)、ゆるゆるマイペース組の3組に自然に別れます。

ですが、先へ進むと後続者が迷わないように先頭組が待機してくれているので安心してゆっくり走れます。

 

 

速さを求めてガンガン走る方もきっと満足できますよ。登坂では速度解禁、山好き坂バカの塾生が後先考えず勢いよく飛び出します!

そして、スプリント区間でバキューンするアラフィフの塾長にいとも簡単にねじ伏せられることでしょう。

 

 

<腹ごしらえ>

塾長ライドの早朝、つのだはというと松屋のカウンターに座っていた。注文から1分もせず朝定食が出てくる。

朝からガッツリ補給したい?なら松屋に行くがよい。

https://www.matsuyafoods.co.jp/menu/morning/ ←松屋のホームページ

塾長ライドに備えて、選べる小鉢の玉子かけごはんミニ牛皿を食べていた。

このボリュームで290円だぞ?塾長ライドのことなんか忘れてこれだけは覚えて帰ってください(怒られるww)

胃袋を満タンにして、この日の集合場所である道の駅織部の里もとすへと車を飛ばす。

 

 

 

<克己塾、集合!>

集合時間30分前から続々と集まってくる塾生たち。

メンバーが集まると、塾長によるミーティングが始まりました。(ええ!?ミーティングがあるのか)

近くにある掲示板の地図を使ってルート説明がされます。

 

 

どうやら本日のルートは約90kmで道の駅2箇所で休憩や食事を取り、馬坂峠と徳山ダムを巡って戻るらしい。

塾長「馬坂トンネルを通過したら徳山ダムへ向かいます。つのださんだけは冠山峠にいってください。」

と、早速いじられた。まったくお茶目な塾長である。

 

 

今回の克己塾メンバーは7人。

内訳は常連メンバー5人と新参メンバー2人。

最年少24歳〜最年長70歳でロード復帰の方からベテランまで幅広いメンバー構成である。※最近は初心者の方もよく参加されるようです。

以下は参加者のTwitterアカウント、Twitterをやっていない方には空いたスペースが寂しいのでとりあえず松屋のURLを貼っておきます。

 

 

<今回の克己塾メンバー>

泣く子も黙るスプリント区間でバキューンの克己塾長。

https://twitter.com/katsumihagita?s=17

 

巡航力、登坂力ピカイチのオールラウンダー、タケチャンさん。

https://twitter.com/takechan_27?s=17

 

リスキーなダウンヒルもちょちょいのちょい、暴走する豊玉さん。

https://twitter.com/ninja_62?s=17

 

重いギアを強いトルクでぶん回す、お山と福ちゃん大好き可憐なちえさん。

https://twitter.com/chieleo0818ranm?s=17

 

クールな雰囲気を漂わせ決して全力は出さない謎の刺客、S田さん。

https://www.matsuyafoods.co.jp/menu/morning/

 

齢70を超えてゆったり200km以上走る超人、豊玉さんのお義父さん。

https://www.matsuyafoods.co.jp/menu/morning/

 

くろまめを連れまわす24歳児のへっぽこランドヌールつのだ。

https://twitter.com/Tsunozarashi

 

 

<塾長ライドSTART>

克己塾一行は1つ目のポイント道の駅うすずみの里・ねおを目指す!

Av.22km/hで川沿いをゆっくり走る7人。

アップダウンのある林道で差が開くと最後尾の人がやって来るのをみんなで待つ。

日向は太陽が照り付けるが、日陰は涼しい。

 

また、ゆっくり進み始める。景色をまじまじと眺められていいな~ とよそ見をしていたら、塾長がバキューン!

 

└( ‘Д’)┘ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙

置き去りにされてしまう! 反射的にペダルを勢いよく回す。

写真撮影をするようで橋の上でようやく塾長とタケチャンさんの暴走列車は停止。(100mくらい離された)

 

 

マイペースで後からやってくる4人。S田さんのモノトーンLOOKがかっこいい。

全力で走ったら速いんだろうな。この鷹、爪を隠しているのではあるまいか。(実力は未だ不明である)

 

ローアングルからトレインロードを撮る姿を盗み撮りされていた。

 

塾長と添い寝した。(くそ熱いアスファルトで)

 

サービス精神旺盛な塾長である。

 

 

道の駅うすずみの里ねおに到着。

各自、談笑をしながら休憩と補給を済ませる。

ちえさんに雑な水浴び姿を激写されていた。(ヘルメットとサイクルキャップ取れよ)

こんなのネット上に公開されたら、お嫁にいけない!

 




 

<馬坂峠ヒルクライム>

そして、克己塾一向は馬坂峠の入り口に到着した。

 

 

馬坂峠は平均勾配3.8%で8.1km、311m upする峠である。

 

猛暑日で日差しが強いため、塾生たちはさくせん「いのちをだいじに」を次々に唱えていたがそこを見計らってタケチャンさんがアタック。

 

「いのちをだいじに」を唱えていたはずのつのだは誰かが急加速すると本能的に追いかけずにはいられなくなる為、鬼ケイデンスで追走を開始。

 

 

タケチャンさん、めっちゃ速い。

なんとかその背中を追ってピッタリ張り付く。

数百m走って背後の気配に気づいたらしく並走して談笑しながら加速していく。

登りなのに時速43.2km/hを記録。ああああああかん、苦しい!心臓が暴れている。

剥き出しにした闘争心がパリンっと砕けると瞬時に後方へ消えていく、これがへっぽこランドヌールの所以である。

平均心拍数125bpmのゆるゆるロングに慣れきったつのだには確実にオーバーペースだった。

 

 

馬坂峠のTTタイムがこちら。

タケチャンさんは変速が上手くきまらずダレてしまったようでタイム更新ならず。

塾長はパワークライムでゴリゴリ登ってきた。

ちえさんはストラバが飛んだらしく記録が残らなかったそう。31:32でした!

そのあとにS田さんが余裕の表情でやってきた。底知れない謎の男である。

豊玉さんはお義父さんに付き添ってゴールイン!

 

484人中40位だった。やったぜ記録更新。

 

 

つのだのくろまめと塾長のピンクのうさぎのツーショット。

馬坂峠を全員が登り切ったので馬坂トンネル前でひと休憩。

トンネル付近にあるバケツ?の中の水は暑さのせいかぬるま湯のようになっていた。

小川の水は冷たくて気持ちよかった。泳がなくていいの?って言われたが水深は5cm程しかない。

笑いをコラえて、カナヅチなんで… って返答しておいた。

 

 

愉快なぬい達が集結。くろまめ。

ビニール袋に閉じ込められて満面の笑みを浮かべるピンクのうさぎ。

タケチャンさんのアイルーとちえさんの福ちゃん。

 

今度遊びにいったときはもっとぬいぐるみ所持者が増えてるといいなあ。(ぬいぐるみローディ化計画を密かに企てるつのだであった。)

 

 

休憩時にはしっかり補給をしよう。

ラムネもぐもぐ。うんまぁ。

 

森永のラムネは材料の90%がぶどう糖です。

ぶどう糖は脳に栄養を行き渡らせ、集中力UPと疲れを癒す効果があります。

小粒で好きな量だけ手を汚さず口に放り込めるので楽ちん。

コンビニで1つ80円くらいで買えて、コンパクトなので持ち歩きやすい。

まさに良いことづくめの補給食なのです。

 

 

<豊玉タァ〜イム>

克己塾一行は馬坂トンネルを抜け徳山湖に降ってきました。

ダウンヒルは豊玉さんの独擅場。豊玉タァ〜イムww

鋭角で曲がるコーナーや道の凸凹、砂利や落葉や木の枝を物ともせず猛スピードで降っていく。

わずか3コーナーで姿を消した。コーナーの進入角度が絶妙で安全に降るスキルが異常に高いのだろう。降りが苦手だからもっと観察したかった。

 

塾長の戦闘機SCOTT FOILは見るからに速そう。いいですか、これを読んでいる皆さん!これが鹿と並走しているマシンですよ。

 

 

お祭り姿の福ちゃん、夏っぽいね〜。

(おれは強いッ!)

 

 

豊玉さんのお義父さんと談笑。

どうやらブルベに興味があるらしい。

坂に少しだけ苦手意識があるようだが、淡々と進むのはお得意のようです。

 

もしかしたら愛知で70歳のランドヌールが誕生するかもしれない。

同じランドヌールとしてコースに立つ日をお待ちしてます!

 

 

写真撮影を終えた克己塾一行は徳山ダムへ駒を進める。

 

 

前から塾長、タケチャンさん、豊玉さん。

この3人は平坦がむちゃくちゃ速い。

死にもの狂いでペダルを回さないとついていけないぞ。

 

 

<徳山ダム>

徳山ダムに到着!

 

 

身を乗り出して見ると水面との高低差が50mはあるだろうか。

 




 

 

<デッドヒート>

この後、道の駅星のふる里ふじはしへ向かった。

下り基調で塾長が発車、デッドヒートが繰り広げられていた。

タケチャンさんは後ろにぴったり。豊玉さんとつのだが必死に追いかけていた。

健闘虚しく、一緒に千切れた豊玉さんと二人旅をした。

 

 

やっと塾長に追いつき真後ろで「塾長!」と叫んだら再びバキューン!時速45km/hで走っているのに時速55km/hで突き放される。

これが圧倒的な実力差というものか。

 

 

<ランチタイム>

辿り着いた道の駅星のふる里ふじはしのレストランでランチタイム!

定食のメニューは1000円弱くらいでご飯大盛りが+100円

日替わりサービスだとドリンクバーがついてます。

S田さんとちえさんと話しながら、おろし唐揚げ定食の大盛りを余裕で完食!

食べ足りないなあ…あ、くろまめがあった。

:(´◦ω◦`):ガクブル ←非常食

 

 

<豊玉タァ〜イム2>

満腹になり再出発!

蛇のようにうねる川に沿って坂を降っていく。

 

うだるような暑さを凌ぐために水を求める克己塾一行。大量の湧き水が流れるポイントを発見!

豊玉タァ~イム2 バッシャアアアッ!

水への豪快なダウンヒルを披露してくれました。

 

 

冷たい水を浴びて、HPゲージが

黄色から黄緑色に戻った!のも、束の間。

ここから先は魔の連続スプリント区間が待ち受けているという。

 

 

ゆっくり揖斐峡まで降りてきた。

 

 

<魔の連続スプリント区間>

 

スプリントの回数は2回、多くて3回だろうとタカをくくっていた。

最初のスプリント区間はこちら。

 

塾長がそっと手を下ハンに移す。なるほど、そういうことか。

それに続いて塾生が次々にペダルを踏み込み加速していく。

 

 

この300mのスプリント区間を

ちえさんは平均34.0km/hで通過。

つのだは平均46.6km/hで通過。

タケチャンさんは平均50.3km/hで通過。

豊玉さんは平均51.1km/hで通過。

塾長は平均55.7km/hで通過。

KOM塾長は平均64.1km/hを記録している。

塾長がぶっちぎりだ。

※KOM・・・特定の区間で最速の称号。

 

 

すぐに2番目のスプリント区間。

豊玉さんはお義父さんをアシストする為に離脱。

 

向かい風きつい2kmは長かった!!

1kmほど走ったところで塾長が真後ろに回り込み猛烈なプレッシャーをかけてくる。

ンア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ーー!!(足が棒のようになっている)

減速したのを見計らって塾長が「おれの後ろにつけ!!」と言ったが話しかけたのはただの屍だったようだ。

プシュウウウンッ…。へっぽこランドヌールつのだは急激に後方に下がっていく。

 

 

この2kmのスプリント区間を

ちえさんは平均30.5km/hで通過。

つのだは平均37.0km/hで通過。

タケチャンさんは平均37.6km/hで通過。

塾長は平均39.4km/hで通過。

KOM塾長は平均50.0km/hを記録している。

 

 

まだまだ終わらない。

3番目のスプリント区間。

う、嘘だと言ってくれ…。

 

2.1kmのスプリント区間を

ちえさんは平均29.1km/hで通過。

屍つのだは平均29.7km/hで通過。

タケチャンさんは平均36.8km/hで通過。

塾長は平均37.2km/hで通過。

KOM塾長は48.1km/hを記録している。

 

つのだは体力ゲージがあっという間に黄緑色から赤色へ変化したのを感じていた。

 

 

コンビニで休憩タイム。

ぴんくのうさぎが暴飲暴食してる。

 




 

休憩後、4番目のスプリント区間。

 

もう、脚を素早く回せない。

 

1.3kmのスプリント区間を

ちえさんは平均32.6km/hで通過。

つのだは平均32.9km/hで通過。

タケチャンさんは平均38.4km/hで通過。

塾長は平均39.8km/hで通過。

KOM塾長は平均47.0km/hを記録している。

 

 

5番目のスプリント区間。

一矢報いてやる。

 

1.8kmのスプリント区間を

ちえさんは平均34.1km/hで通過。

つのだは平均34.9km/hで通過。

戻ってきた豊玉さんは平均36.6km/hで通過。

タケチャンさんは平均40.0km/hで通過。

塾長は平均39.8km/hで通過。

KOM塾長は47.0km/hを記録している。

 

 

最後、6番目のスプリント区間。

必死にタケチャンさんを追いかけるがみるみるうちに離れていく。

 

800mのスプリント区間を

ちえさんは平均30.0km/hで通過。

つのだは平均34.9km/hで通過。

豊玉さんは平均29.8km/hで通過。

タケチャンさんは平均46.3km/hで通過。

塾長は平均34.8km/hで通過。

KOM塾長は51.4km/hを記録している。

 

タケチャンさんと塾長は最後の最後までふたりでバキューンし続けていた。

恐ろしい脚力とスタミナである。

 

 

猛暑に耐え、各自のペースでライドを楽しんだ7人はしばらく談笑していた。

そして、克己塾の解散の儀式。

ぬい円陣を足円陣で囲みパシャり。

満足感を胸にそれぞれが帰路についた。

 

 

GARMINでライドの記録を見たら…

平均速度が26.8km/hになっている。

自分の記録でこの数値は見たことがない。

 

最大心拍数が195bpmに達している。

最大心拍数%で言えばほぼ100%だ。

よく耐えた、わいの心臓くん!

 

まさかの自己ベストが出ていた!

塾長、タケチャンさん、豊玉さんを猛追していた結果40kmの最速タイムが出たようだ!(笑)

楽しく強くなれた気がする。恐るべし、克己塾!

 

 

誰でもわいわい楽しめる克己塾に5回参加するとまもなくオリジナルステッカーがもらえるかも!?

これは手に入れなくては…!

 

 

<塾長ライドの感想>

最後に塾長ライド終了後の参加メンバーのTweetを残しておく。

 

 

 

 

 

 

<さいごに>

塾長ライドに興味を持った方は気軽に参加してみよう。

参加したい方は塾長のTweetを欠かさずチェック!

塾長ライドの詳細を事前に告知してくれているので、内容を見て参加希望者はリプをしましょう。

当日の駆け込み参加も可能です。ゆるいww だが、そこがいい!

 

https://twitter.com/katsumihagita?s=17

↑克己塾長のTwitterアカウント

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

to be continued…。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です